読んで損しない風俗体験談をご紹介。風俗フレンチ。

最近の投稿

カテゴリー

いつも身体がウズウズ

ややしっとりとした大人っぽい雰囲気が感じられる女の子でした。24才のデリヘル嬢の桜さんです。もともとは某一流ホテルのレストランでウェイトレスをしていたというのですから礼儀作法もキチンと身につけている素敵な女性です。しかし、一転してホテルは同じホテルでもレストランのウェイトレスからデリヘル嬢とはなかなか思い切った変身をしたものでと思いました。しかし、実はどうやらその方が彼女にとっての天職でもあったようです。なぜならば、とにかくエッチな刺激が大好きでいつも身体がウズウズとしてしまうと言うのです。確かにそれならばデリヘル程の天職はないでしょうね。そして、その自分の希望を叶えているからでしょうかとにかく敏感によく感じてくれました。こっちがびっくりする位に感じてくれるのでかえって気恥ずかしくなるくらいでした。こんな敏感の女の子とならば出きる限りの長時間でお互いを刺激し合う長めのプレイをする事がもっとも良いのではないかと思います。
デリヘル

我が分身はムクムクと

大人をしっとりと感じられる美女とのデリヘルプレイ。聞いただけでも下半身の疼きを感じた方だっているのではないでしょうか。こんな夢のようなプレイを実際にしてきたのです。しかも、デリヘルで。普通の風俗とは違ってデリヘルには独特の趣きがあります。それは一種の高徳感とでもいいましょうか。経験をしてみたら最も分かりやすいのかもしれませんね。そんな独特の楽しみを満載にした浮ついた心を弾ませていったのですがお相手の女性をみてさらにびっくり。なんといっても綺麗すぎる美女でした。ケイさんという6歳の美女。いや、これまでに思っていた36歳の女性とは全く違うのです。まるで童貞のように緊張してしまいました。そして、ケイさんの優しく温かな手に包まれると我が分身はムクムクと大きくなってすぐに、やんちゃ坊主へと変革を遂げたのです。それを優しくなだめて気持ち良くしてくれたケイさん。本当に大人でした。このしっとり感は忘れられません。

魅力にズッポリと浸って

20才の女の子の特徴っていったら色々と出てくるでしょうね。瑞々しい若い肌とかぷりっとした感触とか。そんなものがたくさんでてくるのでしょう。しかし、言い換えればそれは外見的なものですよね。確かにそれはそれで大切ですしその価値もあります。しかし、それ以上に大切なものっていうものもあるのではないでしょうか。これまでのものを物理的なものとして位置づけた場合に反対の精神的なものとして考えてみましょうよ。それをわざわざというのはそれを知ったからなのです。奈々さん。20才の女の子をデリヘルで呼んだときに感じたのは、なんとげんきで明るいのかという事でした。一言でいうのであれば天真爛漫という表現になるでしょう。こういった直接的では無い魅力もじっくりとプレイを楽しむデリヘルではよりよく感じる事ができると言うものです。これに気付いたらその魅力にズッポリと浸ってしまっている自分に気が付いたと言う訳です。どうやら同じ気持ちになったんじゃないですか。

Copyright © 2015 風俗フレンチ All rights reserved.